2010年12月05日

赤岡・冬の夏祭り2010 その2

2010_1205_063956-DSC00840.JPG
赤岡冬の夏祭り二日目。昨日は朝4時半起き、今日も4時起きで祭りに出す商品作り。
玄米、白米、古代米の3種類のご飯にいろんな具をトッピングして、
カップケーキサイズのミニ・プチ丼を30個作りました。
全部バリエーションが違うのです♪

2010_1205_100145-DSC00844.JPG 
お店のレイアウトはこんな感じで。おむすびとスープも。
たくさんの方にお買い上げいただき、おかげさまで完売いたしました!

2010_1205_100419-DSC00847.JPG
今日はNHKさんが来てて、お豆腐屋さんも取材されてました。
ほぼ丸一日取材してたけどいつ放送されるのかな?

2010_1205_131052-DSC00849.JPG
地元の方々による民謡タイムも。
これがなかなか風情がありましたね〜。

2010_1205_135339-DSC00867.JPG
冬夏名物・インド人に見えないインド人によるカレー屋さん。
とってもきさくで優しい方でした。

2010_1205_135402-DSC00869.JPG
アジア屋台もおいしそう♪
今回は出店してたため、あんまりあちこちゆっくり見られず・・・。
でもそれでも十分楽しかった〜!

2010_1205_135519-DSC00875.JPG
昼間はかなり気温が上がり、ほんとに夏祭りのような熱気に。
ジェラート屋さんが大繁盛でした☆

2010_1205_135648-DSC00878.JPG
晴天、しかもかなりあたたかい日曜ということで
昨日以上にすごい人出。相当なにぎわい。
地域づくりの事例視察ということで、県外からの団体客も多かったです。

2010_1205_135221-DSC00864.JPG

2010_1205_135717-DSC00880.JPG

2010_1205_140410-DSC00883.JPG

2010_1205_140422-DSC00884.JPG

2010_1205_140429-DSC00885.JPG

2010_1205_141911-DSC00896.JPG

2010_1205_131225-DSC00855.JPG
いろいろと気になるものが盛りだくさん♪

2010_1205_141710-DSC00887.JPG
リヤカーで花やいちごを引き売りしてた農家さん。
ここのいちごがめちゃくちゃ甘くてと〜ってもおいしかったんです!

2010_1205_141845-DSC00894.JPG
商店街を縦横無尽に取材してたカメラマンさん。
いろんな人がインタビューされてましたよ。

2010_1205_142214-DSC00897.JPG

2010_1205_142357-DSC00902.JPG

香南市オリジナル手ぬぐいもお目見え。
らっきょやハラン、みかんなどそれぞれの地域の特産品をデザイン。

2010_1205_193537-DSC00910.JPG

2010_1205_193637-DSC00912.JPG
今回わたしが一番気に入ったのは燻製チーズでした。
いや〜、これめちゃめちゃおいしい!
すんごいクセになります。
あ〜あ、もう一個買っておけばよかったなあ。

全部紹介しきれないけど、とにかくここのお祭りは
出店者さんのレベルがすごく高くて個性的かつ素晴らしい!
いわゆる露店じゃなく、一種いろんなジャンルのアーティストさんの集まりです。
祭りがここまで育つまでたくさんの方の努力があり、
また様々なドラマがあるのですが、詳しくはぜひ普段の赤岡に行って
商店街の方々にお話を聴いてみてくださいね。

赤岡横町・冬の夏祭り

今年もほんとに楽しかったです。
たくさんの出会い・再会が何よりの宝です。
素敵なお祭りをありがとうございました☆
また来年を楽しみにしています!
posted by エイネ at 23:54| Comment(0) | 高知のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

高知のB級グルメ☆

今、富士宮やきそばによるまちづくり仕掛け人・渡辺英彦さんの
”ヤ・キ・ソ・バ・イ・ブ・ル”という本を読んでいます。

まだ途中までしか読んでないけど、これを読むと
富士宮やきそばは地域に根差したローカルフードであり、
地元民がこどもの頃から愛して育ったソウルフードであることを感じます。
単にグルメで町おこししたくて開発されたものじゃなくて、
ちゃんとストーリーとバッググラウンドがあるのです。

地域で長く親しまれてきた愛着のある食べ物・・・。
高知でいうと何だろう?と考えてわたしが思うのは”田舎寿司”。

2010_1010_123304-DSC09273.JPG

刺身のおいしい高知やけど、生の魚が手に入らんような山の地域で
野菜や山菜を使って作られたのでしょうか?
ゆず酢の風味がなんとも言えん、土佐では別に珍しくもないお寿司。
たいていどこの産直にもいろんなバリエーションで売られゆう。
日曜市で田舎寿司めぐりするだけでも面白い。
わたしは特にこんにゃくのお寿司が大好き!

海の幸のお寿司もさることながら、高知は山の幸のお寿司もおいしい。
これって素敵なことやんねえ。
下手に新しいB級グルメを作ろうとするよりも、
高知のゆず風味の田舎寿司をもっと全国発信したらいいのに。

県内各地をめぐって田舎寿司マップ作るのもありだろうなあ。
そういう企画、炭キャラバンとともにやってみようかな?
posted by エイネ at 10:34| Comment(2) | 高知のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

土佐のチャーテ

2010_1116_111921-DSC00277.JPG

高知にはいろいろと独特な食材があるけど
”チャーテ”もその一つだと思う。

そもそも”チャーテ”っていう名前が不思議。
英名に由来してるのだとか。
一般的には”ハヤトウリ”や”インドウリ”と呼ばれるらしい。
つるでどんどん増えていき、わりと育てやすいみたい。

豚肉と一緒に炒めるのが定番な感じだけど、
その食感を活かしたナムルもおいしい☆

淡いグリーンに洋ナシみたいな形がキュート。
実はいまだに自分で料理したことがない食材ですが(苦笑)、
今度見かけた時は手に入れて、工夫してみたいと思います。
posted by エイネ at 18:18| Comment(0) | 高知のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。