2011年04月14日

愛着。

こんまいマルシェのスタートと時をほぼ同じくして発売された
”鏡川ジンジャエール01プレミアム”。

※当時の記事はこちらこちら
 読み返して思わず泣きそうになるなぁ(;_;)。
 めちゃくちゃ寒い中よくがんばってたっけ。
 でも毎日ほんと楽しくてたまらなかったよなあ・・・。

画像 037.jpg
(想い出の写真を張り付け☆)

デビュー当時からのつきあいであるこのジンジャエール。
まさか製造販売してるおおもとの(財)夢産地とさやま開発公社で
直接販売促進に関わることになるなんて、あの頃は夢にも思いませんでした。

近いうちに詳しく書く”キミガイイ”というタマゴ同様に、
このジンジャエールにもたくさんの販売エピソードがありまして、
特にその”外見”に関するご意見をいろいろいただきます。

”せん抜きがないと開けれんフタが不便!”
”ビンは重いし割れるき困る。”
”なんで黒なが?”

というご不満系から

”ラベルがめっちゃかわい〜♪”
”スタイリッシュな感じがいいね〜。”
”ノンアルコールでも大人っぽく飲める雰囲気がいい!”

というおほめの言葉系などなど。

で、このジンジャエール、なんだかんだ言われつつも
既に一定のファンをつけておりまして、あちこちから
販売オファーをいただいています。

そんな嬉しい状況の中、販促の立場として今後この商品を
どんなふうに売っていくのが一番いいのかと、最近悩んでおりました。
商品誕生の背景をあまりよくわかっていなかったので、
誰にどう届けたいのか、そのコンセプトやターゲットが不明確で
このジンジャエールとどう向き合えばいいのかがぼやけていたのです。

でも今日、その生みの親である公社の次長の山中さんに
少し時間をかけて熱く説明していただく中で
自分の中の”?”がいろいろ解決していきました。
なんでこの商品を作ったのか、どんな想いを大切にしているのか、
デザイナーさんとどんなふうに話をしてこういうスタイルに落ち着いたのか、などなど。

鏡川ジンジャエールの背景を改めてきちんと知ることで
この商品への自分の思い入れが深まりました。
さらに、すごくシンプルだけれどとても大切なことを
ジンジャエールの原材料である有機生姜を育てている大崎理事がおっしゃいました。

「鏡川ジンジャエールを飲みたいと望んでくださるお客様の想いに応えることが
 一番大事なことじゃないかえ?」

・・・その言葉に、いい意味で打ちのめされたことでした。
そっか、わたし自分がどう売るかばっかり考えて、
ものすごく大切な大前提である”お客様の想いに応えること”を忘れてた・・・。

最近いろんな形でわたしに届くメッセージが
”相手目線の重要性”
なのですが、自分の想いばかりで走ろうとするのではなく、
お客様が何を望まれているのかに想いをはせて
お客様目線の商品の届け方を心がけようと思います。

作り手側、売り手側のおごりが先に立つ商品は、けして愛されませんものね。

たかがジンジャエール、されどジンジャエール。
今日はこのジンジャエールをめぐって深い気づきと学びをいただきました。
大崎理事、山中次長、ありがとうございます!
今まで以上にこのジンジャエールを愛し、
望んでくださるお客様の元に誠意と真心をもってお届けできるように励みます、
今日新たに芽生えた鏡川ジンジャエールへの愛着とともに。

はじめに”心”ありき、か。
今日も素敵な一日に感謝♪
posted by エイネ at 21:45| Comment(1) | つれづれなる想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧blogに書き込みさせていただきました。栄養士としてマクロビオティックに携わりたく…わーっと悩んでいた所に出会いました^^
これからチェックさせていただきます♪
Posted by あゆ at 2011年10月25日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。